規制は1度突破すればOK!中国でTinderを使えるようにする方法

あれ、中国でTinder使えるようになっていないか・・・?

先日、中国でTinderを起動してみたところ、1年前とは状況が変化していることに気が付きました。

1年前中国に行った時、Tinderは全く使い物になりませんでした。

位置情報が更新されないので、

中国にいるけど中国にいない

というハプイング発生。

メッセージしか使えない状況だったのです。

中国の現地人のスワイプすることは逆立ちしてもできなかったのを覚えていますね。

 

しかしながら、2019年秋、再び中国でTinderを起動してみたところ、

現地人をスワイプできるようになっていたのです!

 

 

中国におけるTinderの最新事情(2019年秋)

それでは今の中国におけるTinder事情を解説しておきましょう。

ずばり、次の図ようになっていますね↓

 

 

つまり、ログイン時だけ中国のグレートウォールに阻まれるだけ。

そもそもログイン状態で中国に乗り込めば、日本と同じように、いや、世界中と同じようにTinderを使えます。

なぜか壁をすでに突破している現地人をスワイプできますし、日本で捕まえた魚を調理することも可能です。

 

ただし、です。

何らかの要因でティンダーからログアウトしてしまった場合はさあ大変。

なぜか知りませんが、

中国ではログインするフェーズで規制がかかっているからです。

 

グレートウォールを突破してログインしない限り、Tinderアプリは死んだも同然。

永遠とアイコンが漂う画面が表示されてしまいます。

このようにTinderのログインだけはインターネット規制網に引っかかってしまうので注意です。

普通に過ごしては中国でTinderライフを満喫できません。

 

「えっ、じゃあ不意にログアウトしちゃったらどうすんねん?」

と思うかもしれませんがご安心を。

このようなケースでは、

「VPN」というテクノロジーを駆使するのが手っ取り早いです。

 

VPNとは簡単にいってしまうと、

あたかも別の場所からアクセスしているかのように振る舞えるサービス

のこと。

例えば、VPNを駆使して日本のサーバー経由で接続してやれば、日本からインターネット接続しているように振る舞えるのです。

そして、中国のインターネット規制網を突破できちゃいます。

 

もちろん、TinderでもVPNを活用可能。

VPN接続した状態でログインすると「ログインの壁」がなかったのかのようにTinderを使えちゃいます。

しかも、VPNが必要なのはログイン時のみ。

それ以降はVPN接続しなくても現地人をスワイプできますし、メッセージのやり取りもできます。

僕は中国でも使えるセカイVPNを使っていますよ。

 

ということで、2019年秋現在、中国でティンダーを使うためにはログインの壁さえ超えていればノープロブレム。

万が一ログアウトされた時は、VPNを駆使してログインの壁を突破していきましょう。

「いや、もっと普通に使える中国のマッチングアプリないの?」

と思う方は中国版TinderアプリTantanもあわせて使ってみましょう。

 

アディオス

chilidog

この記事を書いた人
chilidog
chilidog

出会いアプリ5年目。草食系男子からの脱却を目指し修行中。好きな飲み物はドクターペッパー 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。