出会い系攻略!チャットで敬語からタメ口に切り替える3つのコツ

出会い系 敬語からタメ口

出会い系のチャットで敬語からタメ口に切り替えたい!

どうも、chilidogです。カラオケは半年に一回ですね。

 

出会い系でよくありがちなミスが、

敬語を使ってチャットしてしまう

ということです。

出会い系サイト内でのやり取りで敬語を使ってしまうと、

リアルにデートで顔合わせした時に、

100%敬語で喋る

ことになってしまいます。

敬語で会話していたら永遠に二人の距離は縮まらない。。。

もうね、ベッドインなんて数億光年先の話になってしまいます。

 

そこで僕らは考えるわけです。

いかに素早くさりげなく、

出会い系のチャットを敬語からタメ口に切り替えるのか??

です。

敬語からタメ口への移行がスムーズにできれば、

実際に出会ってからもタメ口で距離を詰めることができますね。

 

そこで今日は、出会い系で敬語を使ってしまう奥手男子の方のために、

出会い系のチャットで敬語からタメ口に切り替えるコツ

を4つに絞って紹介します。

よかったら参考にしてください。

 

 

出会い系のチャットで敬語からタメ口に切り替える3つのコツ

すぐに実践できるコツは次の3つです。

 

コツ1. 体言止めを多用する

まず一つ目のコツは、

さりげなく「体言止め」を使いまくる、

ということです。

 

体言止めとは、goo辞書によると、

和歌・俳諧などで、最後の句を体言で終わらせること。余韻・余情を生じさせる効果がある。

とあります。

つまり、

メッセージの最後を名詞(体言)で終わらせればいいわけですね。

 

例えば、最近僕が使った例でいうと、

今日寒かったね!ほんと

という感じで体言止め使ってました。

 

出会い系 敬語からタメ口

 

相手の女性は残念ながら敬語を使っていますが、

少しずつタメ口っぽいジャブを打てていますね。

 

 

コツ2. 独り言をタメ口でつぶやく

次のコツは、

独り言をタメ口でつぶやく

というものです。

独り言は自分に対してのメッセージなので、

尊敬語を使おうがタメ口を使おうが、もう、なんだろう、謙譲語だって別にいいです。

だから、

お互いに敬語を使って均衡を保ちつつ、

自分に対して独り言をつぶやくときにタメ口に切り替える。

自然に矛盾なくタメ口を使用していける技ですね。

 

例えば、僕の実践例をあげると、

もう10月なんですね!はやい!

という技を繰り出したことがあります。

 

出会い系 敬語からタメ口

 

この文末の「早い!」は明らかに尊敬語でも謙譲語でもないですが、

文頭の「もう10月なんですね!」という敬語と併用しちゃてます。

こんな感じで、

さりげなーく、タメ口で自分自身につぶやいていけば、いつのまにか敬語ではなくてタメ口を使う、

という空気を形成できるはずです。

 

 

コツ3. 敬語とタメ口を交互に混ぜる

もうセコセコタメ口使ってらんねえ!

早くタメ口で普通に話したい。。。。

そんな感じで心があったまってきたら、

タメ口と敬語を交互に少しずつ使う

を実践してみてください。

 

一つの吹き出しの中に敬語とタメ口が混在しているイメージですね。

もちろん、今回は体言止めでもなく、独り言でもなく、

普通に相手に語りかけるメッッセージです。

 

例えば、僕の実践例でいうと、

たしかに!じっくり飲み込みたいよね笑

ゆっくりみてください^^

です。

出会い系 敬語からタメ口

 

この最後の2文に注目してみてください。

これは、

じっくり飲みたよね笑

っていうあからさまなタメ口と、

ゆっくりみてください^^

という敬語が入り乱れてることがわかります。

 

こんな感じで、敬語で均衡を保っているように見せかけて、

ちょっとタメ口のジャブを打つ。

これを繰り返していると、いつのまにか双方がタメ口を使っている、

という境地に達することができます。

 

 

出会い系のチャットは敬語を使いつつ、タメ口のジャブを打とう

出会い系のチャットで敬語を使って疲れる・・・

そんな時は、次の3つのコツをさりげなく実践してみてください。

  1. 体言止めを使いまくる
  2. 独り言をタメ口でつぶやく
  3. 敬語とタメ口を交互に混ぜる

リアルで出会った時のわだかまりを1つでも多く消しておきましょう。

それでは!

chilidog

この記事を書いた人
chilidog
chilidog

出会いアプリ5年目。草食系男子からの脱却を目指し修行中。好きな飲み物はドクターペッパー 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。