【NO MORE 割り勘】初デートを「無料お試し体験」と捉えて乗り切る方法

初デート おごる

初デートではおごる?割り勘?どっち?

マッチングアプリで初デートする時に気になるのが、

初デートでおごるか?おごらないか?

ですよね。

 

初デートで奢った方が経済的余裕を見せられるし、恩も売れるのでデートの成功率が高まります。

が、どうしても、やはり、

全おごりで失敗する

という最悪のシナリオがぬぐいきれません、正直。

割り勘にしてしまったり、「男がちょっと多めに出す」という半割り勘でデートを終える方もいるでしょう。

 

しかし、これでは肝心のデート成功率が高まりません。

僕自身、ケチ精神が拭えず、失敗デートを重ねていくだけだったので、

初デートではおごるようにしよう、と思うようになりました。

そんなケチの中のケチ、守銭奴中の守銭奴の僕が編み出したのが、初デートを

自分という商品を「お試し無料体験」してもらうチャンス

と捉える方法です。

 

 

初デートを「無料お試し体験」と捉えて乗り切る方法

商品やサービスを買う前に無料体験できるものが多いですよね?

例えば、化粧品とかサプリメントとか、まずは10日間お試しフリーダイヤル0120・・・・なんていう商品で世の中溢れています。

 

怪しいこと限りないんですが、このがめつい業者のように、

初デートでは「自分」という商品を無料体験できる機会を提供する

と思えば、初デートの費用を惜しみなく出せるのです。

僕自身、この「無料体験の費用」を捻出できないならば、初デートしないと誓うようになりました。

 

もし、無料体験期間中に

「私には合わないな・・・。こいつじゃ子孫存続が危うい・・・」

と思われたらそこまで。

その場で打ち切り、購入されずにNever see you againになるでしょう。

 

「男性の負担がめちゃくちゃ増えるじゃん!」

と思うかもしれませんが、これはあくまでも初デートという無料体験期間の話です。

 

無料体験期間が終われば、どういう契約を結んでも構いません。

高額な商品を買ってもらい、継続的な課金へ発展する可能性もあります。

もしくは、逆に、自分が無料体験させてもらう、という手もあるでしょう。

 

ということもあり、初デートという最初の試練を「無料体験期間マインドセット」で挑み、

すべておごる姿勢で臨むことをおすすめします。

初デートで「おごる?割り勘?」の意思決定数を減らし、

会計時にもぶれない、落ち着いた態度で支払いましょう。

 

僕と同じように、

「初デートはなるべく割り勘で、ちょっとでもいいから損したくない」

と思っている方は、初デートを無料体験マインドセットで乗り切ってみてください。

 

アディオス!

chilidog

この記事を書いた人
chilidog
chilidog

出会いアプリ5年目。草食系男子からの脱却を目指し修行中。好きな飲み物はドクターペッパー 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。