マラソン好きと出会えた!エクシオのランニング婚活パーティーの感想・体験談

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

エクシオのランニング婚活パーティーに参加してきた感想・体験談を書いてみた

どうも、chilidogです。筋肉が叫んでますね。

 

「ランニング、ジョギング好きの女性と出会いたい」

「同じ趣味の人と意気投合したい」

そんな想いが派生し、エクシオが主宰するランニング婚活パーティーに参加してきました。

せっかくお金を払ってランニング婚活パーティーに参加してきたので、その経験を時系列とともに感想を書いておこうと思います。

 

 

エクシオのランニング婚活パーティーの感想・体験談

ぼくはエクシオのランニング婚活パーティーに参加。

費用は、

  • 男性:5500円
  • 女性:2500円

で、普通の婚活パーティーと同じくらいのお値段でしたね。

開催地域の男女の需要と供給によって参加料金が異なるようです。

 

8:00am 受付

エクシオのランニング婚活パーティーはとんでもなく朝早くから始まります笑

開催日が日曜だったのですが、全然全く容赦なく、

朝の8時からパーティー自体が開始されます。

ぼくはなんとかギリギリに起床し、開始時間ギリギリの午前8時にチェックイン。

 

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

 

受付で料金を支払いして、身分証明書を提示すると、

  • 名札番号
  • プロフィールカードなど

が手渡され、

「名札番号がついている座席に座ってください」

と言われたので、番号を頼りにいざ会場へ。

 

時間ギリギリだったのですが、会場についてみると、そこは無数のガラガラの席が!

 

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

 

人いねえー笑

男性が10人、女性が5人という構成でした。

 

さすがに、ランニング、マラソン好きに絞ると婚活パーティーに参加したい方も減ってしまうのですね。

朝早すぎるのも参加人数を減らしていると思います笑

 

とりえあず、自分が渡された名札番号の席に着席し、渡されたプロフィールカードなどを記入し始めました。

 

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

 

8:15am 自己紹介スタート

支配人

まだ遅れている方もいますが、自己紹介タイムスタートです。

目の前にいる方とカードを元に自己紹介してください

という支配人の合図の元、自己紹介が各地で一斉にスタートしました。

 

目の前の女性と、はにかみながら目を合わせ、

「おはようございます^^」

と挨拶を交わし、プロフィールカードを元に自己紹介を進めていきました。

 

ランニングが趣味の方が集まる婚活パーティーだったので、やはり話が弾みやすい。

あらかじめ共通の話題があることがわかっているので、

「どれくらい走るんですか?(how long)」

「どこらへん走りますか?(where)」

など、ランニングに関する受け答えをすれば温厚に自己紹介を終わらせることができます。

 

この最初の自己紹介の時間は一人当たり2分30秒。

短すぎずもなく、長すぎずもなく、あっという間に時間がきてしまいます。

相手の印象を印象メモカードにメモして終了。

 

 

男性は隣の席に移動して、ぐるぐると回っていきます。

 

今回のランニング婚活パーティーでは男性の方が2倍多かったので、一人おきに休憩時間があり、作戦を練ったり、相手のメモをとったりする時間がありました。

女性側は常に男性の相手をしなければならず、準備の時間が十分に取れなそうでした。

ほとんどの女性がプロフィールカードを埋められてなかったです笑

 

ランニング婚活パーティーに参加している参加者の年齢層は予想通り高めで、

  • 20代後半:1人
  • 30代前半:3人
  • 40代前半:1人

といった感じでしたね。

 

一番年上だった女性とは15歳ぐらい歳が離れており、相手も、

「おっ、爽やか青年だね〜。モテるでしょ?」

という感じでスナックのママさん的なノリで絡んできました笑

男性の参加者も若い人は少なく、

「おっ、君わかいね」

という絡みが多かったですね。

やはりランニング好きの若者は少ない模様。。。

 

 

8:40am ランステに移動

支配人

はい!じゃあ終了してくださ〜い

という掛け声のもと、すべての女性と自己紹介が終了。

支配人の号令のもと、近くのランニングステーションに移動していきます。

 

このフェーズは、遠足みたいな感じで、実質、フリータイム。

自己紹介タイムで気になる相手がいたら、積極的に絡むことができます。

ぼくは集団行動が苦手なので、ただひたすら押し黙って前を歩き、ランニングステーションを目指しました。

 

9:00am ランステ到着

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

 

ついにランステに到着。

男女が分かれてロッカールームに入り、各々ランニングの格好に着替えていきます。

ランニングステーション利用代金は500円。

この代金は残念ながら自腹です。

ランニング婚活パーティーの料金には含まれていないので要注意。

 

着替え終わると、ランニングステーションの入り口の前に再集合。

自分のみすぼらしいランニングスタイルが浮いてしまうのではないかと心配していました。

が、特に他の参加者もガチガチのランナースタイルで固めている方は少なかったのでちょっと安心。

 

9:20am コーチあらわる

満を辞して、

ランニングコーチが登場します。

40代中盤ぐらいの男性だったのですが、このコーチが結構本格的。

箱根駅伝に出場したり、中学生の頃は1500mで全国4位になったりしている凄腕のランニングコーチです。

意外とコーチが本格的なのでびっくり。

 

9:25am 準備体操

コーチの自己紹介が終わると、公園に移動して準備体操。

ランニングコーチの体操の動作(主に伸びなど)を真似しながら、各自からだを温めていきます。

 

9:30am ランニングスタート

準備体操が終わるといよいよランニングスタート。

ジョギングのペースは脱落者がいないようにすこぶるスローペースでした。

だいたい1km8~9分ぐらいのペースだったと思います。

 

コーチが先陣を切り走り、その後ろをランニング婚活パーティーの参加者たちがジョギングして追従するという感じです。

このジョギングの間は実質フリータイム。

好きな相手と自由に走りながら会話することができました。

 

ただ、ぼくはあろうことか、最初にコーチのすぐ後ろを走ってしまい、周囲にはコーチとランニング好きのおじさんしかいない状況に追い込まれていました。

こ、これはいかん・・・・!

と顔をしかめていたら、隣を走っていたおじさんが、

「大丈夫。このあと、歩く時間あるからそこで頑張ろうぜ」

と肩を叩いて励ましてくれたのです。

 

その彼の予言通り、ジョギングではなくウォーキングする時間に切り替わりました。

そのタイミングで列の後ろの方に移動。

なんとか女性の参加者の隣に移動し、

「いやあ、町の中走れるのきもちいですね」

と発言することができました。

ランニング婚活の注意点としては、走りに熱中しすぎるといとも簡単に地蔵になるということです。

一瞬の判断ミスで、永久に影の参加者となってしまう可能性があるということに気づきました。

 

ランニングコースは都会の街を一周するコース。

虎ノ門ヒルズ、

 

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

 

愛宕神社、

 

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

 

東京タワーなどを一望できるコースでした。

 

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

 

こんな感じで、観光名所などをジョギングで見て回れるので、

ランニング婚活パーティーではなくても、普通にランニングイベントとしての面白みもありますね。

 

半分がジョギング、半分がウォーキングみたいな感じで終了。

エクシオの紹介ページには、

コーチより、今まで知らなかったランニング方法も学ぶことが出来ます。

と書いてありましたが、自分から積極的にコーチに絡まないとアドバイスは受けられないので注意。

 

だいたい押し黙って走っていましたが、何回か女性とも会話でき、まあよくやったと思います笑

 

10:10am 整理体操

ジョギングは40~ 50分で終了。

スタート地点の公園に戻り、再びコーチの元整理体操を行います。

輪っかになってもいいし、遠巻きに体操てしても構いません。

 

10:20am ランステに戻って着替える

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

整理体操が終わると、再びランステに戻ります。

シャワーを浴びて着替えて、再び運動モードではない服装に着替えることになります。

ここで注意したいのは、

タオルを忘れないようにする

ということです。

 

ぼくはシャワーを浴びることを完全に忘れていたので、タオルを持参してませんでした。

そのため、ランステのタオルを200円でレンタルすることに。。

それはさておき、シャワーを浴びて、着替えて綺麗さっぱりです。

 

10:45am 女性を待つ

もちろん、女性の参加者の方が着替えの時間はかかります。

男性は20分ほどで全ての方が着替え終わっていましたが、女性はさらに15分ほどかかっているようでした。

ランステに置いてあった雑誌ランナーズを拝読。

時間を潰します。

 

11:00am 公園に戻る

男女の参加者が全て揃うと、ランニングコーチに別れを告げ、公園に向かいます。

ここでコーチにかわって仕切り役の支配人が戻ってきます。

 

11:05am ワンオーワントーク再び

公園に戻ると、再び、全員の参加者と一対一で話をする機会が与えられます。

時間はなんと5分間。

最初の自己紹介では2分30秒だったので、その倍の長さがこのタイミングで与えられます。

 

しかも、フリートークではなく、ちゃんとぐるぐる回して全員と話す方式なので、奥手男子にはうれしい設定。

ただ、会場はあくまでも公園です。

公園のベンチに腰かけて、横並びで前を向きながらカウンター席のような感じでコミュニケーションをとっていきます。

 

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

 

この状況を図にするとこんな感じですね↓↓

 

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

 

前を向いて5分間話し終えると、支配人がそれぞれの椅子の前にきて、

支配人

5分経ったので移動してください〜

と告げます。

 

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

 

このタイムアップの時間が来ると、男性陣は椅子を一つ右に移動していき、休憩時間になる人もいますし、女性と対面する人もいます。

 

ランニング婚活パーティー 感想 エクシオ

 

また、女性は一番最初の自己紹介タイムと同じく、常に男性と話していなければならないので大変そうでしたね笑

 

このフェーズでの会話は主に、再自己紹介。

自己紹介カードを見せ合い、再び話題を作り出す人もいれば、先ほどのジョギングの感想をゆるーく語り合う、という方もいたことでしょう。

 

11:55am 投票

ひとり5分ほどの会話が終わると、最後に投票タイムに移ります。

ここでは、

第1志望から第6志望まで気になる異性の番号を書いていきます。

今回のランニング婚活パーティーでは女性の参加者が5人しかいなかったので、全員かけましたけどねw

 

記入し終わった投票カードを支配人が回収し、集計します。

 

12:05pm 結果発表

おおよそ待つこと10分。

支配人が投票結果をまとめ終わったらしく、結果を発表。

支配人

男性〇〇番、女性△△番の方、カップル成立です。おめでとうございます

といった感じで次々と発表されていきます。

 

ぼくも無事に第一志望の女性とカップルになることができたので嬉しい。

頑張ってはるばる朝から走った甲斐がありましたね笑

 

今回のランニング婚活パーティーでは3組のカップルが成立していました。

合計6名がカップルになったということで、全参加者15名のうち、6名なのですから、

40%の方がカップル成立したことになります。

半分が死に、半分が生きながらえるといった様相です。

 

12:10pm 男性退場

結果発表が終わると、まずは男性が公園から退場させられます。

ぞろぞろ

 

12:15pm 女性退場

最後に女性が公園から退場。

ぼくはカップル成立することができたので、お目当の彼女を公園の入り口で待ち伏せ。

「わー、よろしくお願いします^^」

とはにかみながら挨拶し、時間がちょうどお昼時だったので、

「せっかくなので連絡先交換してランチしましょうか」

「はい^^」

と誘い、一緒にランチを食べて解散となりました。

 

朝が早すぎたためか、エロい気分にはならず、

「また今度一緒に走りましょうね」

と約束を交わし解散。

 

エクシオのランニング婚活パーティーは密度は濃いけどキャラも濃い

以上、エクシオのランニング婚活パーティーの体験談・感想でした。

ランニング好きという一種の変態のような男女が集まって来るので、

とにかく密度が濃い婚活パーティーでした笑

 

あとは、年齢層はちょっと高めというか、ぼくが若いのかもしれませんが、だいたい、

30~40歳

の参加者の方が男女ともに多かったです。

ランニング好きの層も普通に高いですし、婚活パーティーに来るとなるとやはりこの年代になるのでしょう。

 

ただ、共通の趣味を持つ相手だとわかっているので、自己紹介では話題を広げやすかった気がします。

しかも、市街地を集団でコーチ付きで走れるという特典付き。

ランニング好きで異性に飢えている方は利用しない手はないでしょう。

ランニング婚活に興味がある方は、よかったらエクシオの婚活パーティーに参加してみてくださいね。

 

アディオス!

chilidog

この記事を書いた人
chilidog
chilidog

出会いアプリ5年目。草食系男子からの脱却を目指し修行中。好きな飲み物はドクターペッパー 友だち追加