婚活パーティー「シャンクレール」 体験談

 Pick up!

60分で20人の女性と出会えた!婚活パーティー「シャンクレール」の体験談


[最終更新日]2017/06/20

婚活パーティー「シャンクレール」の体験談を忘れないうちに

どうも、chilidogです。太陽光で目覚めてます。

 

婚活パーティー「シャン・クレール」というサービスをご存知ですか??

これは文字通り、婚活パーティー。

20・30代の男女が対象となっているパーティーを多数主催していることで有名です。

 

婚活シャンクレール

 

ぼく自身、そろそろ結婚適齢期でしたが、婚活はまだ早いと思っていました。

がしかし、

元会社の先輩のシャンクレールの体験談を聞いているうちに、

「自分も婚活パーティーというものに参加してみたい」

と意識が変化してきたのです。

 

そんなさなか、例の婚活パーティー中毒になっている先輩から、

「これ行かん?」

と彼がはまっている婚活パーティー「シャンクレール」に誘ってもらいました。

 

婚活パーティー「シャンクレール」

 

これはきっと何かのご縁なのだろう。

そう思うことにし、参加を決意したのでした。

 

先輩のシャンクレールの体験談によると、

服装が命

らしかったので、急いで最寄りのユニクロへ。

合計7525円でズボンとカーディガンのようなものをクレジットカードで購入し、一気に清潔感をひきあげて会場へ向かいました。

 

 

5分遅れで婚活パーティー「シャンクレール」の会場へ到着

超ギリギリにシャンクレールの会場へ到着。

 

婚活パーティー「シャンクレール」

 

入り口で「エントリーシート」という紙の記入を迫られます。

 

婚活パーティー「シャンクレール」  体験談

 

この用紙では主に、

  • 名前
  • 電話番号
  • 予約番号

などを記入していきます。

「予約番号」はシャンクレールのページから予約した際に、発行される番号のこと。

登録完了メールに記載されていると思います。

 

こちらのエントリーシートの記入が終わると、参加料金の5000円の支払いへ。

支払いの際に、

  • 免許証
  • 保険証

の提示により身分を証明しないといけないので、身分証の忘れ物に注意です。

支払いが終わると、いざ、婚活パーティーの戦場へ脚を運んでいきます。

 

いよいよシャンクレールの婚活パーティーの始まりです。

シャンクレールの婚活パーティーは次の8つのステップから成り立ってましたね。

  1. 自己紹介
  2. 第一印象チェック
  3. フリートーク
  4. 告白
  5. 集計
  6. 結果発表
  7. 男性退場
  8. 女性退場

 

婚活シャンクレール 体験談

 

 

「シャンクレール」の第一フェーズ「自己紹介タイム」

会場は椅子がたくさん置いてあるカフェのような空間で、スライドが前方に設定してありました。

机や椅子にはすでに若い男女が楽しそうにおしゃべりしているではありませんか!!

 

どうやら、シャンクレールの第一ステップである、

自己紹介タイム

がすでに始まっていたのです笑

 

婚活シャンクレール 体験談

 

戸惑っていると、運営しているお兄さんが、

「プロフィール記入してあそこの席についてください」

と空白の席を指定。

 

誰もいない席でプロフィール用紙に記入していると、

「はい!お相手をチェンジしてくださーい!」

と運営のお兄さんが叫び、男が立ち上がり時計回りに席を移動し始めました。

 

どうやら、最初のフェーズでは、全参加者の女性20名と2〜3分の時間で軽く自己紹介をしまくるようだったのです。

 

これが噂の、

女性が固定席で、男性が時計回りに移動していく

という回転寿司方式。

 

会話は主に、自己紹介カードの情報を元に進められていきます。

このカードには、

  • 出身地
  • 住んでるところ
  • 学籍
  • 性格
  • 趣味
  • 好きな芸能人
  • 休日の過ごし方
  • 年収
  • お酒タバコ

などなど、本当に記入欄がむちゃくちゃあるんです。

ぼくは遅刻であくせくしていたので、急いでそれぞれの項目を記入。

 

例えば、会話の例として、

「こんにちは!〇〇です」

「こんにちは!〇〇です」

「あ、〇〇に住んでるんですね!ぼくも同じです」

「そうなんですね!最寄り駅はどこですか?」

「〇〇ですよ」

「あ、近いですね。趣味はランニング・・・?」

「はい!」

「へー。。。」

・・・・・・・・・・・・・・・・

みたいな感じの会話になります。

 

会話をしながら、メモ用紙に相手の番号と名前、特徴などをメモしていきます。

後々、多くの女性と話すことになるので、メモはすごく大切。

 

わずか2~3分で自己紹介は終了。

「はい、チェンジでーす!」

というかけ声のもと、また別の女性の前の席に座って自己紹介していくことになります。

 

なんというか、

むちゃくちゃ疲れます笑

ぼくは、開始20分ぐらいですでにゾンビ状態になっていました笑

 

女性の前でも疲れを隠し切れていなかったのか、

「あれ、疲れてません?笑」

と相手の女性に言われる始末。

 

普段人に会わない生活をしているので、こんなに人に話しかけたのは15年ぶりなんじゃないでしょうか。

カラオケに行くより発声練習になるな。

 

ぼくが参加したパーティーは男性の方が5〜6人多かったので、何もしない休憩フェーズがありました。

が、女性の場合は休憩なしで25人と総当たりですから、ぼくよりも疲弊していたことでしょう。

 

トイレに行く暇もなければ、コンビニでコーヒーを買う時間も与えられません。

ただ、最初のうちはハードでしたが、15人目ぐらいを過ぎてから、ランナーズハイのような心境に入りました。

「この苦しさが逆に心地よい」

という境地に達していたのです。

それぐらい、シャンクレールの婚活パーティーはハードなものなのでした。

 

 

シャンクレールの第二形態「第一印象チェック」

シャンクレールの婚活パーティーは次の第二形態に進化します。

それは、

第一印象チェック

というもの。

婚活シャンクレール 体験談

これは先ほどの「自己紹介タイム」で話した女性の中で、

「印象の良かった相手は誰か?」

を申告するフェーズです。

 

この第一印象チェックがなぜ大事なのかというと、

チェックした相手に、自分が好印象を抱いていることを伝えられる

というメリットがあるからなんです。

 

次に控えている、フリータイム時に、この結果が明らかになります。

 

そのため、自己紹介タイムでいいと思った相手を真剣に選ぶことが大事です。

ぼくが参加したパーティーでは最大3人まで選ぶことができました。

 

 

シャンクレール第三形態「フリータイム」

第一印象カードの記入が終了すると、今度は一番の正念場である、

フリータイム

という時間がやってきます。

 

婚活シャンクレール 体験談

 

これは一言でいってしまうと、

気になる女性に男性が再アタックする時間

のこと。

全ての女性は待ちで、自分の席で待機しています。

 

男性は、アタックしたい女性の前の席に座り、もっと深い話をしようと試みるのです。

 

ただ、ここでも話の時間は短くおおよそ3分程度。

合計で5回のフリートークが設けられているので、最大で5人の女性に再アタックすることが可能です。

 

ぼくは、一番可愛くて、一番愛嬌のあった美女に標準を定めてみました。

しかし、そこにはすでに3人ぐらいの男性が群がりが!

彼女に話しかける機会を伺っているではありませんか!

 

5000円支払って参加しているので引き下がるわけにいきません。

負けじと彼女の取り巻きに加わりました。

 

一緒に参加していた先輩が、

「自己紹介カードを机に置いたもん勝ちだからな」

といっていたので、周りの男どもを押しのけて自分のカードを彼女の机の上に置き、

「どうも、こんにちは!」

と話しかけてみました。

 

すると、自己紹介タイムの時に優しかった美女が一転。

ぼくの顔を見るなり、ちょっと怪訝な表情を作り、

「えっ、お前?」

みたいな無言のメッセージをひしひしと感じていました。

そんな悲しい顔はやめてくれ!!

 

フリータイムのフェーズでは、休日の過ごし方について話をしました。

 

「私、結構オタクなんです。大学では漫画研究会に入っていたほどです笑 一人が基本的に好きなんですけど、大丈夫ですか?」

「はい!ぼくも結構本とか読んだり、映画見たり、一人でいるのが好きです」

「じゃあそんなに私を拘束しませんか?」

「も、もちろん」

・・・・・・・・

と行った会話の内容でしたね。

今冷静になって振り返ると、あの美女はヤンデレだったのかもしれません。

 

このぼくのフリートークの体験談からわかるように、

シャンクレールの婚活パーティーでは一番の山場。

ここでの出来がカップル成立するかどうかの鍵を握っています。

 

ちなみに、このフリータイム中に、先ほど記入した「第一印象カード」が返却されます。

どの女性が自分に興味を持っているかということがわかるわけです。

ぼくの場合、印象に残っていない女性の一人から好印象をもらっていたようです。

 

 

シャンクレール第四形態「告白タイム」

フリータイムが終わると、今度はいよいよ告白タイム。

婚活シャンクレール 体験談

 

このフェーズでは、好印象を持った異性を、

第1志望から第5志望まで指名することができます。

もし、お互いに志望していた場合はカップル成立となります。

 

ぼくは、自己紹介タイムで話をした20人の女性を全て覚えることができず、印象に残ったのは二人だけ。

「第五志望まで書けねえよ!笑」

と投げやりになっていました。

 

やっぱり、自己紹介タイムの時のメモ大事!

ぼくは適当に書きすぎたので、このフェーズで痛い目をみました。

 

 

シャンクレール第五形態「告白カード・ネームプレート回収」

告白カードに記入が終わると、いよいよ結果集計へ。

婚活シャンクレール 体験談

記入し終わった告白カードと、今まで胸につけてきた自分の番号札を回収されます。

ここでは回収すると同時に、告白カードを元にカップルが成立しているか運営側がチェックします。

この待ち時間が15〜20分ほどで、みんな暇すぎてスマホいじってます。

 

 

シャンクレール第六形態「結果発表」

カップルが成立したかどうかの結果発表。

婚活シャンクレール 体験談

 

「今回はなんと、8組のカップルが誕生しましたー!おめでとうございます!!」

ざわざわ。

「それでは、順番に発表していきます」

ごくっ。

「男性番号〇〇番、女性番号〇〇番の方でカップル成立です。おめでとうございます!」

「続きましては、男性番号〇〇番、女性番号〇〇番の方でカップル成立です。おめでとうございます!」

「続きましては、男性番号〇〇番、女性番号〇〇番の方でカップル成立です。おめでとうございます!」

「続きましては、男性番号〇〇番、女性番号〇〇番の方でカップル成立です。おめでとうございます!」

「続きましては、男性番号〇〇番、女性番号〇〇番の方でカップル成立です。おめでとうございます!」

・・・・・・・・・・・・・・

 

という感じで、ビンゴゲームのように番号を発表してもらえます。

ぼくは20番代だったのですが、自分と近い20番代の番号が読み上げられると、

「20番の流れ来てるぞ!」

とよくわからない「流れ」のようなものを信じて待ってました。

 

だがしかし、カップル成立せず!!!

現実はそう甘くありません。

 

カップル成立率としては割と高めだと思います。

男女20名ぐらいずついたので、8組のカップル成立ということは、参加者のうち、

40%の人がカップル成立した

ということになります。

2~3回ぐらい婚活パーティーに出席すればカップル成立するかもですね。

じ、次回こそは!!

 

シャンクレール第七形態「退場」

結果発表が終わると、あとは退場。

 

退場時に男女が触れ合わないように配慮されており、女性に安心の設計です。

まず、男性の参加者が非常口のような裏口から吐き出されます。

婚活シャンクレール 体験談

男性が全て去ったあと、女性を帰すという方式になってます。

婚活シャンクレール 体験談

確かにこの退場方法なら、女性がどこに行ったわかりません。

ストークのしようがないです。

 

 

「シャンクレール」の婚活パーティーはなかなか効率がいい

と、以上が婚活パーティー「シャン・クレール」の体験談でした。

 

カップル成立せず失敗しましたが、なぜだが不思議と、

全然むしゃくしゃしていません。

気になる女性にちゃんと最後告白しているから、やりきった感がハンパないですね。

 

【pairs】ワイワイシーなどの出会い系アプリを使ってデートで失敗した時に感じた、

「おれ、何やっているんだろう感」

がまるでありません。

 

60分で20人以上の女性とリアルで出会えて、告白できるのでなんというか効率がいいです。

出会い系アプリにはまっている方も、婚活パーティー「シャン・クレール」は気に入ると思いますので、よかったら参加してみてくださいね。

 

アディオス!

chilidog


デート相手を見つけやすいマッチングアプリ4選

第1位. ペアーズ

Pairs(ペアーズ) 婚活・恋活の出会い マッチングアプリ
Pairs(ペアーズ) 婚活・恋活の出会い マッチングアプリ


第2位. with

出会いはwith(ウィズ) 婚活・恋活・マッチングアプリ
出会いはwith(ウィズ) 婚活・恋活・マッチングアプリ


第3位. タップル誕生

タップル誕生-マッチングアプリ・恋活サービス(tapple)
タップル誕生-マッチングアプリ・恋活サービス(18禁)


第4位. クロスミー

CROSS ME(クロスミー)- すれ違いを恋のきっかけに
CROSS ME(クロスミー)- すれ違いを恋のきっかけに
posted withアプリーチ