2017年になる前に彼女に振られた理由を8つ書いておこうと思う。

彼女に振られた理由

新年になる前に!彼女に振られた理由を書いておこうと思う。

どうも、chilidogです。ドリブラーです。

 

今日は2016年12月31日、大晦日。

2016年におきた出来事の中で何が一番大きかったかなあ、と考えてみると、やはり、

彼女に振られた

という出来事が大きかった気がします。

はい。

 

世間ではスマップ解散とか、リオデジャネイロオリンピックとか、いろんな出来事がありましたよね??

ただ、やはり個人のレベルに落とし込んでみると、

彼女に振られた

というイベントにまさものはないかな、と改めて振り返ってそう思います、はい。

 

2017年の新年になる前にすべて前年の毒を吐き出しておきたい!

そんな想いから、

2016年に彼女に振られた理由

を書き留めておこうと思います。

きれいすっかり過去は忘れ、あらたな2017年というyearを歩んでいこうではありませんか!

 

 

2017年の前に忘れたい!彼女に振られた8つの理由

それでは、ぼくが彼女に振られた理由を書いてみます。

彼女は別れ際、今まで付き合ってきた中で溜め込んできた鬱憤を全てぼくにぶつけていきました。

つまり、

彼女がぼくを振った理由は1つなんかではなく、

なんと、

多分、これはぼくのうる覚えですが、

8つの理由

があったのです笑

 

 

理由1. 価値観が違ったから

彼女いわく、

ぼくの価値観と彼女の価値観が合わなかったようです。

彼女は一人ではいられないタイプですが、ぼくはbook とmacさえあれば結構一人で入れちゃうタイプ。

一人で映画も行くし、サイゼリアだってきます。

こうした、

一人でいる耐性

に関して、彼女とはかなり大きな隔たりがあったみたいですね。

 

理由2. 彼女のインスタをアンフォローしていたから

彼女いわく、

ぼくが彼女のインスタのフォローを外していたそうなのです。

たしかに、言われてみてみると、彼女のアカウントをフォローしてませんでした。

 

彼女にインスタの存在を教えてもらい、始めたましたが、

うーん、たしかになぜか彼女をフォローしてなかったぼく。

元彼女
私の投稿なんか見たくなかったんでしょ??
ぼく
・・・・

と別れ際に責められることになるとは誰が想像したでしょう?笑

彼女に引け目を取りたくなかったら、忘れずに彼女のアカウントをフォローしておくようにしましょう。

 

理由3. 犬に合わせてくれなかったから

ぼくはchilidogというのですが、犬を飼っています、実家で。

その実家の犬のことを彼女に話したら、

元彼女
会いたい!会いたい!

というではありませんか。

 

が、しかし、あまりにも小さい頃から育った地元で、しかも集合住宅に住んでいるので、彼女を招待したくなかったぼく。

母親ネットワークで噂されたくなかったのです。

 

そんなこんなで犬に会いたいと言われながらも、頑なに拒んできました。

がしかし、これが彼女の怒りに触れたらしく、

元彼女
どうせ私なんて人に合わせたくない人間なんでしょ?
ぼく
・・・・

と怖い目で詰め寄られることに笑

 

理由4. 海外旅行に行くと言い出したから

ブラック企業に勤めていた頃は、疲弊しまくっていました。

そんな暑苦しい企業を離れ、暑苦しい日本という国を出て、ふえーってしたい、と思っていたのです。

 

そんな想いが言葉に出てしまったのか、

ぼく
ちょっと海外2ヶ月ぐらい行ってくるわ

と彼女に伝えたこともしばしば。

 

どうやらこれが彼女にとっては辛かったらしく、

元彼女
私なんてどうでもいいんでしょ?海外の方が大事なんでしょ??

となき崩れる始末。

ムムム・・・

 

理由5. 電話番号を密かに変えていたから

LINEが普及してから、電話番号の存在感が徐々に薄れています。

そう、ぼくの中ではかなり電話番号の価値が小さくなっていたので、

電話番号を変えても彼女に伝えることを忘れていたのです。

 

とある、デートのとき。

ぼくらは待ち合わせに苦戦しており、彼女がしびれを切らしてぼくの古い方の電話番号に電話したらしいのですが、

おかけになった電話番号は・・・

と流れてきたそうです。

その場では何も言わなかった彼女でしたが、別れ際にこの不満も言い残して去って行きました。

 

 

理由6. 友達に合わせてくれなかったから

やはり、ぼくが友人と一緒にいるところを見て安心したかったのか?

彼女はしきりに、

元彼女
友達に会わせて〜

と言ってくるではありませんか。

いや、普通に友達がいなかったぼくは、

ぼく
いや、いないよ!友達なんてそんなに!

と言い返し続けましたが、やはりこれも彼女の鬱憤袋の中に溜められていたみたいです。

去り際に、

元彼女
私なんて友達にも合わせたくなかったんでしょ??
ぼく
・・・・

と詰め寄られたことは言うまでもありません。

 

 

理由7. 彼女の父親に似てきたから

彼女いわく、

元彼女
私の親父にちょっと似てきた

らしいのです笑

彼女を待たずにどしどし先に行ってしまうあたりとかがまさに瓜二つだそう。

知るかあ!

 

理由8. 濡れないうちに入れてしまったから

あまりにも我慢できない時ってありますよね?

そう、ぼくにもあったんです。

 

 

彼女に振られた理由は8つもあった!2017年は忘れよう

以上が、2016年の彼女に振られた理由です。

彼女に振られてから心のどこかにモヤモヤがあり、スッキリしないまま2016年を過ごしてしまっていました。

でも、もう大丈夫。

 

2016年の最後に彼女に振られた理由をアウトプットしておいたので綺麗サッパリ。

2017年もガンガン出会い系で攻めていきますよー!

アディオス!

chilidog

この記事を書いた人
chilidog
chilidog

出会いアプリ5年目。草食系男子からの脱却を目指し修行中。好きな飲み物はドクターペッパー 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。