ペアーズ 体験談 初詣デート

 Pick up!

【ペアーズ体験談】25歳グランドスタッフの女性と初詣デートしてみた話


[最終更新日]2018/02/19

ペアーズ(pairs)で出会った女性と初詣デートしてみた!

どうも、chilidogです。眼鏡屋はありがたいですね。

 

ぼくは無職の26歳男性。

職場もサークルもへったくれもないので、普段、女性との出会いがなく腐っていました。

そんな中、クリスマス前から使い始めたのが、

出会い系がペアーズ(pairs)です。

 

クリスマスでは大変お世話になり、イルミネーションデートをしまくる、

などさせてもらいました。

クリスマスも行けたんだから、ついでに、

初詣のデートの相手までペアーズで探してみよう

という流れで【pairs】を使ってみました笑

今日はその初詣デートの体験談を書いておこうと思います。

 

クリスマスにドタキャンしてしまった!25歳グランドスタッフの女性と初詣デート

ぼくが初詣デートしたのは、

クリスマスデートをドタキャンしてしまった25歳の女性。

詳しくはクリスマスデートの記事を読んでもらいたいのですが、簡単いうと、

ぼくがクリスマス期間にウイルス性の胃腸炎にかかり、

デートをドタキャンしてしまったのです。

 

ドタキャンした側だったので、

もうこの女の子とはデートできないかな・・・・

と思っていたところ、彼女の方から、

「ご飯食べられるようになりました?」

とLINEのメッセージが!!

ペアーズ 体験談 初詣デート

完全に終わったと思っていた女性からメッセージが来たので思わず有頂天。

なんだかんだ、いける気がして来てしまったのです。

 

どうやら職業上かなり年末年始が忙しいらしく、

「年末年始忙しすぎてまじ殺意です」

と殺意すら抱いた彼女。

 

ペアーズ 体験談 初詣デート

そんな年末年始忙しい彼女も、

正月の1~3日は暇

との情報が得られたので、早速、

「初詣とか行こうよー」

とデートに誘ってみました。

 

ペアーズ 体験談 初詣デート

すると、最初は渋っていた彼女ですが、

「えー!行こうよー!」

と粘っていると、あっさりオッケー。

 

ぼくは初詣といえば浅草しか知らなかったので、場所を浅草に指定。

ペアーズ 体験談 初詣デート

こうしてぼくらは、お正月休みのど真ん中に、

初詣のメッカである浅草の浅草寺で、初詣デートすることになったのです。

 

初詣デート当日

そして初詣デート当日、浅草駅で待ち合わせしました。

ペアーズ 体験談 初詣デート

待ち合わせ場所に時間ぴったり現れた彼女は、

グレーのコートにえんじ色のスカートといういでたち。

髪はショートカットで肌はむちゃくちゃ色白でした。

小顔で動物のリスを連想させる面立ち。

ペアーズのプロフィール写真より数倍可愛いではないか!

 

軽い自己紹介を済ませ、ぼくらは初詣のために浅草寺へ歩き出しました。

寺に着いてみると、そこには、

人。

人しかいません。

ペアーズ 体験談 初詣デート

午後4時ごろだったのですが、初詣のピークだったためか、周囲にはおびただしい参拝者が!!

「日本の宗教すごいねええ」

「うん、すごいね」

と二人でつぶやいたりしていました。

 

参拝の列の最後尾に立っているプラカードによると、本堂までの待ち時間はなんと、

60分。

正直、これはきつい。

1時間も寒い中人混みに紛れ、初対面の女性と一緒に並ばなきゃいけないなんて笑

これはコミュ障の男性にはハードモードすぎますw

 

そんなこんなで、参拝の列に並び始めたぼくらでしたが、

並びながらお互いのことを簡単にポツポツとしゃべり始めました。

 

話をきいて行くうちに彼女はどうやら、

空港ではたらくグランド職の女性

であることがわかって来ました。

空港で働く女性 = 美女

という方程式を立てていたぼくは、思わず、

「あ、だからお肌が綺麗なのね!」

と思わず相手を褒めてしまいました。

「えっ、そんなこと言われたことないですよお!」

彼女の白い肌が若干赤く染まった瞬間でした。

 

これは後から振り返れば大失敗だったなあと思います。

こういう相手が誇りに思っているところはあえてディスらなきゃいけないんだ、と。

だから、褒める代わりに、

「えっ、空港で掃除してるの??」

と相手の職業をディスるべきでしたね。はい。多分。

 

相手が誇る部分を褒めてしまった結果、

女性>>>>>>>>自分

という不等式が相手の中でできてしまったのではないでしょうか。

今度から気をつけよう。

 

とまあ、この影響もあってか、相手はなかなかぼくに対してタメ語を使ってくれず。

「だって、年上じゃないですか」

とか、

「タメ語は苦手なんですよ(関西の女性だった)」

とか、言い訳をつけられ、最後まで敬語の壁は崩せませんでしたね。

ちきしょう!

 

途中、鳩のフンがお寺の門から落ちて来て悲鳴が上がるというハプニンもありましたが、無事本堂に到着。

だいたい50分ぐらいかかっていたと思います。

ペアーズ 体験談 初詣デート

 

賽銭が投げられる本堂まで順調に来れましたが、ここからが本番。

賽銭を投げるために、中央の賽銭箱に押し合いへし合いで近づかねばなりませんでした。

 

彼女はこの様子を見て、

「わ、私はいいです」

という感じで若干引き気味。

これは彼女の手に触れるいいチャンスかもしれない。

そう思い立ち、

「こっちこっち!」

と彼女の腕を掴み引っ張ってあげました。

 

やっとのことでいいポジションをゲットし、僕らはお賽銭を投げいれました。

 

なんで、こんなにお金入れたいんだろう。。。。。

と日本の文化を改めて振り返ることになりましたね。

 

最後に、お約束のおみくじを二人で引きに行くことに。

浅草寺のおみくじは辛口で有名なので、凶が出ることを恐れていましたが、

やっぱり凶!笑

 

ペアーズ 体験談 初詣デート

  • 待ち人:現れないでしょう
  • 旅行:よくないでしょう
  • 病気:悪く、危ういでしょう

などなど、やばいことしか書かれてないおみくじが出て来ました笑

これはさすがにショックを隠せないで青ざめましたね。

一つぐらいいことあってもいいじゃないか笑

 

もしや、彼女も凶の悲劇に・・・・?

と彼女のおみくじをのぞいてみると、

凶ではなく吉。

「二人とも凶」

という悲劇は避けられたのでこれはこれで良かったのかもしれませんね。

 

初詣が終わると僕らはたわいもない会話をしながら、浅草の街をさまよいました。

途中彼女に何度も、

「お腹すいた?」

と聞きますが、

「いや、すいてないです」

と答えるので、なかなかいいお店があっても食事に入れなかったです。

 

7回目ぐらいの、

「お腹すいた?」

で、彼女がどうやら観念したらしく、

「はい、なんでもいいですよ」

と答えてくれ、食事することになりました。

 

ただ、ぼくは良さそうなお店の目星もつけてなかったし、予約も何もしてなかったので、そこらへんにある焼肉屋をチョイス。

ぼくは病み上がりでほとんどビールも飲めず、肉も全然たべれませんでした笑

仕事や将来の夢についてポツポツと喋り、肉を焼き、喋り、肉を焼き、ということを90分ぐらいして、僕らは帰宅。

全然ベッドに誘う空気に持ち込むことはできませんでしたね・・・・・!

く、くそおお!

 

ペアーズで初詣デートして良かった??

以上が【pairs】で出会った女性と初詣デートした体験談です。

【pairs】にはやっぱり、いろんな女性がいて面白いですね。

今回の女性は空港で働くグランド職の方でした。

普段パソコンとにらめっこしているぼくとは、まったく縁がない職種の女性と触れ合う(腕を握る)ことができました。

来年の初詣はベッドインを目指したいですね。

 

アディオス!

chilidog


The following two tabs change content below.
chilidog

chilidog

出会いアプリ5年目。アメリカ留学中22歳のときに出会い系アプリで童貞を卒業したことをきっかけに歩み始める。男子校育ち、草食系男子、非モテからの脱却を目指しインターネットを通じて女性と出会って修行中。好きな飲み物はチャイ。

人見知りのぼくでも出会えたってホント!!?

100個の出会い系アプリから選んだ、
「出会い系アプリランキング」

>>くわしくはこちら

コメントする