Pick up!

ジョイナスで出会った25歳女性と串焼きを食べてきた体験談


[最終更新日]2018/10/02

ジョイナスで出会った25歳女性と串焼きを食べてきた

ども、chilidogです。ミスター、chuです。

 

先日、大阪をフラフラしていたときのこと。

日課通りティンダーで縦横無尽にすワイプし続けてみたのですが、

なかなかマッチングせず。

 

メッセージすらできない状態が続いたので、最終兵器ジョイナスを起動してみました。

JOIN US (ジョイナス) - 今すぐ気軽に飲み会を!

JOIN US (ジョイナス) – 今すぐ気軽に飲み会を!
posted withアプリーチ

ジョイナスとは、その日のうちにデートの約束ができるパーティーアプリで、位置情報をもとにその周辺にいるデートしたがっている女性とマッチングできるのです。

メッセージをすぐにかわせて、しかもその日にデートできる即席型の出会いアプリになります。

ぼくは大阪の難波辺りにいたので、周囲にいる女性に全て「Good Vibes」を送り、プロフィールを見て足跡をつけまくりました。

その中からひとり、

25歳の浴衣を着た写真の女性

とマッチング。かなり浴衣が似合っていて、可愛らしい女性だったので

「こんな娘とデートできたらいいな・・・・」

思っていましたところ、何とあちらもGood Vibesを送り、メッセージしてきたのです。

ジョイナスでは無料開放日でない限り、有料でないと男性はメッセージを送れないので、有料会員になる必要がありました。

一日単位で有料会員になるシステムで、その日は720円。

課金すればつかメッセージできるみたいだったので、気づいたら有料会員になっていましたね。

 

軽く挨拶して

「大阪の難波で飲みましょう」

ということになり、LINE も交換完了。

後はデートの準備をするだけになりました。

 

食事からのアフターディナーも想定し、難波駅の近くのホテルを予約。

コンドームを買い、髭を剃り、歯を磨いて、滑舌の練習をして、いざ待ち合わせ場所のマルイの前でに足を運びました。

 

しかし、です。

マルイへの道中、彼女から連絡が。

「実家でトラブルがあって急遽行けなくなった!ごめん><」

と待ち合わせの5分前に行けなくなるという連絡がありました笑

 

さすがに5分前ということだけあって、頭にFワードが50個ぐらい思い浮かびましたが、

「これはしょうがない・・・・ドタキャンされた話もネタになるやろ・・・・」

と思い直し、一人で通天閣に行こうと地下鉄御堂筋線に乗ろうと動きだしました。

 

しかし、です。

御堂筋線の駅にたどり着く直前に彼女から LINE。

「まだいますか?」

だと?

急遽、実家のトラブルが解決したことによってデートできることになったみたいなのです。

どん底から有頂天に突き上げあれた格好になったのでハッピーな気持ちでいっぱい。

僕らはそんなこんなで一緒に食事できることになったのです。

 

マルイの前で待つこと10分。

いよいよ彼女が到着です。

浴衣や着物などが似合いそうな京都型の女性で、若干写真よりも張りがないようでしたが、細身で凛とした女性でした。

「こんばんは〜じゃあ行きましょうか」

と居酒屋へ行くことに。

しかし、大阪のなんばに住んだこともなければ、旅行もしたこともなかったので土地勘は0。むしろマイナス。

冒頭から弱みを見せるわけにはいかなかったので、商店街らしきところをうろつき始めました。

 

歩きながら自己紹介などの雑談を交わすのですが、

めちゃくちゃ彼女が素っ気ない?!?

こちらが喋っても 一言しか返さず、しかもこちらを見ず、始終むすっとしているではありませんか。

歩きながらではありますが、全然会話が弾まず、過去の失敗例である

など、過去のデートの失態が頭に蘇ってきました。

 

そんな不安に駆られたまま歩き続けているところ、安そうな串焼き屋さんを発見。

大阪と言ったら  串焼きで、串焼きを是非とも食べてみたかったので、串焼き屋さんに一緒に入りました。

 

飲み物を注文し、串焼きは人気の串焼きを3本ずつ。

後は彼女が冷やしきゅうりを注文していオーダー完了です。

しかし、串焼きを持ってしても会話は弾まない!

カウンター席に座ったのですが、彼女はこちらに関心がなく、メニューを見たり机の木目などを凝視していました。

ぼくも最初らへんは会話を弾ませようと頑張っていたのですが、彼女のそっけない態度に疲弊。あまりにも暖簾に腕押し状態だったので、疲れてしまい僕も沈黙しました。

 

串焼きが届いてからもお互いに沈黙したまま。

恐らく20分ぐらい時間が過ぎたのでしょう。

何も喋らず黙々と串焼きを食べることになりました。

途中彼女が

「あまり喋らない人なんですね」

と言ってきましたが

「いや、そんなことないよ」

とごまかしました。内心では

「お前がそっけないからだろうが!」

と叫んでいましたね。

お互いお酒を飲み、串焼きを平らげました。

 

すると、彼女がスマホを取り始めて焦る様子を見せてきて

「ちょっと急用ができたんで帰ります」

と帰りの準備をし始めました。

ぼくもこの気まずい宴からいち早く脱出したかったので、伝票を持ちレジに向かいました。

 

すると彼女は

「あ、大丈夫ですよ。ゆっくりしてください」

と自分だけ帰宅する意思を見せ始めたのです笑

その捨て台詞とともにそそくさとお店の外に出ようとしていたので、本能的に彼女の腕をつかんでいました。

 

さすがに、この沈黙の20分に対して全おごりしたくなかったので、

「お、お金」

となんとか食事代金を割り勘させようと阻止しました。

彼女は青い白い顔になっていて、

「ちょ、ちょっと怖いです」

と完全にフリーズ状態。

 

どうにかしてこの状況を打破しなければならず、苦し紛れに、

「せ、1000円でいいから」

と懇願することに。

彼女は流石に観念したためか、千円札を財布から取り出して僕にそれを渡すとかけるように店を出て行きました。

その後、僕は一人で会計を済まし、20分にも満たない沈黙デートの清算をし、一人でホテルに帰りましたとさ。

 

反省点

改めて今振り返ってみると、そっけない相手に対して会話を弾ませられなかった自分も駄目ですが、

相手は最初から完全に食い目的で来ていたのだろうな

と振り返ります。

待ち合わせ前にいくつか  LINE でメッセージを交わしたのですが、その中に

「私、お金あまり持ってないので安いところでも大丈夫ですか?」

のようなおごってくださいを匂わせるようなメッセージを受信していました。

 

今思えば、あの時点で、

「おごってください。私は食べるだけです」

とシグナルを送っていたのでしょうね。

 

大阪ではあまりいい思い出がなく、年上の女性にひたすらダメ出しをされたと言う黒歴史がありましたが、今回も20分巻串焼きを食べながら沈黙してしまうという失態を犯してしまいました。

大阪での苦い思い出が一つ増えました笑

 

沈黙してしまった自分もダメですし、飲み代を回収するため必死の形相で彼女にせまった僕もやばいですし、食べ目的に使われて術中にはまった事実も受け入れがたいです。

ジョイナスは

その日にメッセージを交わしていきなりデートする

ので、相手の素性が知れず、このような失態を犯すケースが多いのかもしれません。

ただ、このように位置情報をもとにマッチング相手を表示してくれ、すぐにメッセージできるのはいいですね。

国内旅行するときはこのジョイナスも合わせて使ってこうと思います。

JOIN US (ジョイナス) - 今すぐ気軽に飲み会を!

JOIN US (ジョイナス) – 今すぐ気軽に飲み会を!
posted withアプリーチ

 

それでは!

chilidog


The following two tabs change content below.
chilidog

chilidog

出会いアプリ5年目。草食系男子からの脱却を目指し修行中。好きな飲み物はチャイ

人見知りのぼくでも出会えたってホント!!?

100個の出会い系アプリから選んだ、
「出会い系アプリランキング」

>>くわしくはこちら

コメントする