ハワイ 出会い アプリ ひとり旅

 Pick up!

南国で暴れ回れ!ハワイひとり旅で出会いアプリTinderを使ってみた体験談


[最終更新日]2018/02/21

ハワイひとり旅で出会いを求めてTinderを使ってみた

どうも、chilidogです。カルピス、ホットで3倍です。

 

出会いアプリでいろんな人と出会い、そして音信不通になって出会いアプリ疲れ状態になっていたので、

心機一転、

ハワイ旅行に行ってみました。ハワイ旅行に行く前は京都のひとり旅のように

「一人でもハワイ旅行楽しめるやろ・・・」

と踏んでいたのですが、実際に行ってみるとそんなことは決してなく、

ハワイ旅行はカップルとファミリーの愛で溢れていたのです。

 

ダイヤモンドヘッドに登りに行ってもそこにはカップルとファミリー、それに女子だけの集団。

ハワイ 出会い アプリ ひとり旅

ワイキキビーチもぶらぶらしてみてもやっぱり同じ顔ぶれ。

ハワイ 出会い アプリ ひとり旅

ぼくのように男一人でハワイに来てしまった野郎はどこにもおらず、男子旅行グループでさえ見かけない、愛に溢れた空気感だったのです。

 

そんなハワイ旅行に一人で行ってしまうと、レストランにも入れず、近くのABCストアというスーパーで毎日フルーツや野菜、それにバナナ、パンなどの惣菜を購入して食いつなぐ日々が続きました。

ハワイ 出会い アプリ ひとり旅

そんな孤独の中の孤独環境に置かれていたため、やっぱりこりずに、

位置情報でマッチングしてくれる出会いアプリTinder

を使ってみました。

京都、ベトナム、カンボジアの一人の旅の時はマッチング率が急上昇したという、ひとり旅とTinderに正のジンクスが存在していたので、ここハワイでもTinderをプレイしてみたのです。

 

 

ハワイひとり旅で出会いアプリTinderを使ってみた体験談

ハワイひとり旅でTinderを使ってみましたが、

全くマッチング率は上昇しませんでした笑

京都、ベトナム、カンボジアの成功の再現はできませんでした。むしろ、ぼくが住んでいる日本の東京よりもマッチング率は悪化しており、毎日スワイプしまくってもなかなかマッチングには至らず。

京都旅行直後に編み出した、

一人旅行するとマッチング率が上昇する理論

はハワイでは全く通用しませんでした笑 全く、誰だよこんなのを提唱したのは。

ここハワイは白人社会のアメリカであるためか、アジア系男子の壁が存在していたのでしょうか。久しぶりに留学時に味わったは敗北感をかみしめていました。

 

ただ、マッチング率が低下するというハプニングがおきながらも、ぽちぽちとマッチングしてメッセージを交わすことに成功しました。

 

アジア人好きのじめんタイプ(25)

まず最初にマッチングしたのはじめんタイプ、いわタイプのポケットモンスターを連想させるようなごつい系のアメリカ人の女性でした。

彼女のプロフィールを見てみると、

Asian guys are a plus but I’m open minded.

と書いてあるではありませんか!

 

ハワイ 出会い アプリ ひとり旅

 

彼女にとってはアジア系という人種的な問題はむしろプラス。アジア系男子というだけで柔道で一本取っているようなもんです。

ベトナムで生み出した英語のオープナー、

Hi hows your day?

を繰り出してみると、

My day was okay. How about you?

と返してくるではありませんか。

 

ハワイ 出会い アプリ ひとり旅

 

つかみはよく、話は弾み、お互いの住まいについて話し合ったところで、彼女が、

「アラモアナで働いているわよ」

というので

「じゃああえるね!どこのお店?」

と振ってみると相手はなんなくオッケー。僕らは翌日にアラモアナでデートする約束を交わしたのです。

 

だがしかし、です。

デート直前になり、もう一度改めて彼女のプロフィールを見て見て、

「いや、やっぱりじめんタイプは流石にきついな・・・」

と冷静になりデートの約束を破棄しました。ぼくも多分、選んだっていいはずだ。

 

彼女はその後も、ぐいぐい食らいついて来て、最終的には一方的にLINE IDを送ってくるということになりましたが、流石に異国の地でここまでこられると逆に怖いです笑 彼女にLINEすることはありませんでした。

 

ハワイのコミュカレに通っている女子(20)

続いて、ハワイのコミュニティーカレッジに通っている女子大生とマッチング。日本人らしく、日本語でプロフィールが書いてありました。

ハワイ 出会い アプリ ひとり旅

とりあえず、日本でのTinderのメッセージの流れと同様に、一般的なトピックスから会話をスタート。

ハワイの天気ネタから話を展開させてましたが、

「今旅行でハワイにきてるよ」

というテンポラリーな滞在者であることを晒してしまった瞬間にメッセージが帰って来なくなりました。

 

ハワイ 出会い アプリ ひとり旅

 

たしかに、これはワンナイト感するよな・・・・

ひとり旅でTinderをプレイする時は現地感を醸し出すことをおすすめします。

 

ピアスが似合うアメリカ女子(19)

続いて鼻のピアスが似合うアメリカ女子19歳とマッチング。

普通に可愛いく、是が非でも出会って見たかったのでこのカンバーセーションでは、

現地感を醸し出し、現地のアジア系アメリア人を装う

ということに徹しました。

ハワイ 出会い アプリ ひとり旅

Hi hows your day?オープナーで会話をスタートとさせてから、

what did you do?トピックに移行。

なるべく現地感が漂うように、

「マッサージに行ったよ。そっちは?」

と慎重に会話を運んで行きました。久しぶりに可愛い女性といい感じにメッセージができ、会話が弾んでいる感がありました。

がしかし、です。ぼくは明後日の早朝には日本には帰国しなければいけないぐらいに日程が追い込まれていたのです笑

そのため、駄目元でしたが、

「明日の夜ごはん食べに行こうよ」

とラストチャンスのデートに誘って見ましたが、あいにく相手はbusy。super busyだったそうです。

こうしていい感じにはなったもののここでタイムアップ。

ぼくのTinderトライアルはここで終了です。

 

 

結論:ハワイで出会いアプリTinderを使うのは難易度が高いのかも

以上がハワイで出会いアプリTinderを使ってみた体験談でした。

これまでひとり旅に行くとなぜかマッチング率が上がる現象を体験してきましたが、

ハワイでは逆マッチング現象が起きてましたね笑

上がるどころかむしろ低下しており、モンスター級の相手しか捕まらず踏んだり蹴ったりです。

ハワイはアメリカの州なのでやはりアメリカを全般とする欧州に流れる、

マッチョイズム

みたいなものがあり、ひ弱なアジア人男性は淘汰される可能性が高いです。

留学以来、日本で暮らしてきて忘れかけていたあの「アジアの壁」みたいなものをハワイで再確認できたのは良い機会でした。

 

「えっ。じゃあハワイでの出会いはないの??」

と思うかもしれませんが安心してください。ハワイで出会いアプリを使って現地人を狙うよりも、

ハワイ旅行にきている日本人女性

と出会う可能性の方が高いと思います。なぜなら、ハワイではなぜかいたるところに日本女子だけの集団が生息しており、しかも、男性一人、もしくは男性のみのグループが非常に少ないからです。

例えるならば釣り堀に魚ばかりいるけれども釣り師がいない状況というわけです。

ただ、出会いアプリと違い声をかける勇気がないとハワイの出会いは成立しないのでこれまた難しい。。当然ぼくは女子の集団を遠目に指をくわえて見て終了です。

ということでよくわからなくなってきましたが、

ハワイは出会いを求めるよりも、愛を育むのに適した場所だと感じました。

出会いアプリを駆使して出会って、その人と愛を育みたいときにハワイ旅行に行きましょう笑

 

アディオス!

chilidog


The following two tabs change content below.
chilidog

chilidog

出会いアプリ5年目。アメリカ留学中22歳のときに出会い系アプリで童貞を卒業したことをきっかけに歩み始める。男子校育ち、草食系男子、非モテからの脱却を目指しインターネットを通じて女性と出会って修行中。好きな飲み物はチャイ。

人見知りのぼくでも出会えたってホント!!?

100個の出会い系アプリから選んだ、
「出会い系アプリランキング」

>>くわしくはこちら

コメントする